【グッとラック!】立憲・森ゆうこ氏、橋下氏に反論…学術よりコロナ「やってる、報道されないだけ」 [爆笑ゴリラ★]

【グッとラック!】立憲・森ゆうこ氏、橋下氏に反論…学術よりコロナ「やってる、報道されないだけ」  [爆笑ゴリラ★]

1 :爆笑ゴリラ ★:2020/11/23(月) 12:20:06.92 ID:CAP_USER9.net
11/23(月) 11:21配信
デイリースポーツ

橋下徹氏=2015年12月18日撮影

 橋下徹弁護士が23日、TBS「グッとラック!」に出演。新型コロナウイルス感染の再拡大が深刻化する中、知事ら地方首長の権限強化や、特措法改正の必要性を議論した。

 橋下氏は、ゲスト出演した立憲民主党副代表の森ゆうこ氏に、「学術会議の問題も追及する部分は追及すればいいと思うが、国民が一番必要としているのはコロナ対策のところ」と指摘。「野党が、法律ここがおかしいから変えると言えば、国民の応援受けると思います」と語った。

 これに森氏は「いや、やってますよ!やってますよ、それは報道されないだけ」と反論した。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201123-00000043-dal-000-5-view.jpg?w=640&h=586&q=90&exp=10800&pri=l

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9ed8366c35aaf2c573bab3b7e559e7300a5bf2

81 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:37:02.09 ID:s7llzGcl0.net

>>80
違法なら告発すれば?wwww

67 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:29:37.35 ID:ZAC9kgdP0.net

>>1
で、あれだけ騒いだ学術会議はどう決着つけるんだよw
「法律無視」とか言ってたけど、違法なら司法に訴えてみろよカス

37 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:51:08.93 ID:J0L+lKRd0.net

野党同士で内ゲバwマスゴミと内ゲバw
ホント好きなんだなw

116 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 16:10:32.26 ID:OiZhaogl0.net

学術会議なんか一切やらずコロナをやればいい
そうすればそれが報道されるからだ

129 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 20:20:50.38 ID:TqwRR+fU0.net

>>97
首相が出席するところじゃ軒並み学術会議だろ
予防接種法改正でガクジュツカイギやっていたのには呆れたわ

77 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:35:48.07 ID:s7llzGcl0.net

>>75
違法なら告発すれば?wwww

91 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:51:29.80 ID:6QzU9oYc0.net

ブログ出やってること公表してもええんやで
お婆ちゃん

112 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 16:00:03.97 ID:2NxLkM4g0.net

やってるけど報道してくれないというのであれば
それはやりようが足りないってことでは
この人は力入れてるようだが党執行部は学術会議の方に重点を置いてる
なら「今一番やるべきことはコロナ問題だ」と執行部に声を上げるべきじゃないのか
それをせずに「やってるけど報道されない」と言ったところで
マスコミは「そう思えないから報道しないんだ」としか言わない

58 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:13:46.15 ID:vJ2fGvUd0.net

>>55
先週だっけな
第53回目のモリカケヒアリングをやってたよ

31 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:44:49.18 ID:t+k7oaPc0.net

コロナはもう弱毒化しててタダの風邪!死者数が激減してるし。
明らかに弱毒化しているのにそのことに触れないマスコミ。
売国左翼マスコミが日本を潰そうとしつこい!

売国左翼の流すデマに医療界が大激怒!
左翼野党や左翼マスコミは日本の敵!

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1583071259/
立憲民主&ゲンダイ「北海道で厚労省が検査妨害!」 →デマでした 国立感染研が激怒反論

捏造だらけの批判しかしない売国左翼に対する憎しみが日本国民の間でどんどん高まっていってる

そもそも日本の左翼はチョンと一体化し過ぎている
立憲民主党の支持母体の内の1つは在日韓国人組織の民団なんだから

日本の左翼は日本国民の目線に立っていない
日本の敵でしかない

東京五輪を中止に追い込みたがっている在日チョンと売国左翼を壮絶な拷問にかけながら皆殺しにして欲しいと、日本国民の全員が思っているよ
日本国民の圧倒的多数派の愛国派が少数派に過ぎない売国左翼を憎悪してきている現実を直視したほうがいい

↓立憲民主党の長年の夢の外国人参政権は日本崩壊への道、絶対に許しちゃダメ!

【動画あり】 立憲民主党 「とにかく外国人に参政権をあげたい、我々は民主党時代から一貫している」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1576541512/

最優秀作品賞:新聞記者
最優秀女優賞:ジム・ウンギョン(新聞記者)
最優秀男優賞:松坂桃李(新聞記者)

日本のマスゴミってどんだけチョンとチョンと一体化している売国左翼に支配されてんの?
日本アカデミー賞協会の会員数は業界人約4,300名
これほどの人数が居て名前も聞いたことないチョン女が最優秀女優賞受賞して、
作品賞が誰も見てない反日映画の新聞記者って・・・・
業界のチョン汚染は想像以上に酷い

コロナ騒ぎを必要以上に煽って得するのはチョンに支配されている日本の売国左翼メディア
現に在宅率が上がって糞詰まらないテレビ番組の視聴率が跳ね上がっている
みんなテレビを見るのを止めよう!

96 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 14:14:49.72 ID:RU72oW4a0.net

こっちが恥ずかしくて見てられなかったわ
ほんとに森はバカ 整形してるし

52 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:04:08.21 ID:a7WmlT3W0.net

公務員改革(パソナにお金を流す作業)

一般労働者所得が減ったり失ったぶんだけ需要が減っただけwwwwwwwwwwwwwwww

110 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 15:38:01.05 ID:jK7YHu7u0.net

最初の頃はコロナスルーで桜の会ばかりやってたよねw

68 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:31:15.99 ID:Pcv+wB250.net

>>67 ●日本学術会議問題の全論点●
(1)何が問題なのか

日本は法治国家で、行政(内閣)は法の執行機関です。
論点をすり替えるために、「学術会議を廃止しろ」だの、「民営化しろ」だの立法論を言うのはご自由ですが
日本学術会議法の規定と異なったことを内閣総理大臣が行っているとすれば、
国家の基本原則のひとつの法治国家であることが脅かされいるのですから、これは最重要の問題です。

【重要】⇒法治国家を理解せず、「任命権が首相にあるのが当然」という菅義偉の認識が大問題

(2)政府の主張 〜これがビックリするほど出鱈目

まず、政府は憲法15条を唐突に持出し、総理大臣に任命拒否権があると主張する。
しかし、憲法15条は、国民主権の現行憲法において国民に公務員の選定罷免権があるとする規定で
内閣総理大臣に公務員の選定罷免権があるとは規定してない。
そして、憲法15条の通説的見解は、選挙で選ばれる公務員は、選挙で国民が選定罷免し、それ以外の
公務員は、選挙で選ばれた国会議員が作った法律により、選定罷免する。と説明される。

従って、選挙で選ばれない学術会議の会員は、学術会議法の規定によって選定罷免されるので、
学術会議法の解釈が問題となり、憲法15条を眺めても、結論は出てこない。

次に政府は、国家公務員法55条を持出し、国家公務員の任命権が内閣と各大臣にあることを根拠に
任命拒否権があるとする。
しかし、国家公務員法55条は、明確に「法律に別段の定めのある場合を除いては」と規定しており、
学術会議法7条2項に別段の定めがある本件に、国家公務員法55条は適用されず、結論は学術会議法の解釈に
委ねられる。

(3)日本学術会議法の解釈(以下「学術法」と略す)

まず、学術法25条、26条で、辞職も退職も学術会議の同意や申出を必要とし、総理大臣単独では何も出来ない。
これは、学術法3条の「学術会議の独立性」の結果である。

特に26条は重要で、会員に不適当な行為があっても、会議の申出がない限り総理大臣は会員を退職させる
ことができない。これは会議の独立性が強く、事実上の人事権は学術会議側にあることを示すものだから、
就任時においても、任命拒否は出来ないと解釈せざるを得ず、
学術法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる

また、学術会議の「職員」の場合は、

学術法16条
3 前項の職員の任免は、会長の申出を考慮して内閣総理大臣が行う

と規定し、総理大臣は会長の申出は考慮するだけで、つまり、参考にするだけで会長の申出と違う
任命が出来る。
ところが、学術会員の場合は、専門性があるので、総理大臣が判断できない。
だから、学術法7条2項は、学術会議の「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」と規定する。
そして、わざわざ、職員の場合と文言を変えて「考慮」が入っておらず、学術会議の「推薦を考慮して
内閣総理大臣が任命する」とは規定してないのであるから、総理大臣に考慮の余地はなく、
内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる。

更に、「推薦に基づいて内閣総理大臣が任命する」と学術会議と同じ文言のある労働組合法19条の3の
労働委員会の労働者委員については、東京高裁の判例で内閣総理大臣の「裁量権」を認める判決が出ている。
これは、労働者委員は労働組合法施行令20条で、労働組合の推薦があった者の「うち」から内閣総理大臣
が任命することになっていて、政令で定員以上の数の推薦を前提としており、任命拒否される者が出るのは
当然の結果である。

これに対して、学術会議法は推薦された者の「うち」から選ぶ規定がない。従って、任命拒否はできないと
解釈することになる。欠員を生じさせれば、学術法7条1項の210名の定員が満たせなくなり、
法は任命拒否を予定してないと解釈できる。

また更に、国費が投入されているから、総理大臣が人事に介入するのは当然との批判には
同じく公費で手当が支給される「連携会員」の場合、学術法15条で「会長が任命する」と規定していることや、
国費で年金がもらえる国立アカデミーの日本学士院が、学士院の自治で会員を選んでいる(日本学士院法3条)
ことの説明がつかない。との再批判が可能。

最後に、学術法1条2項は「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする。」と規定し、一般に
指揮監督権が弱い場合に用いる「所轄」と規定していることは重要である

従って、日本学術会議法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになり、
任命拒否はできないのです

65 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:27:47.82 ID:RftwtEym0.net

橋下にボロクソに論破されてたぞ

6 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:25:38.66 ID:WK9uyHA30.net

詭弁だな

>野党が、法律ここがおかしいから変える

これはやっているはずない
橋下が言いたいのは非常事態に政府に権限を与えるように法律を改正しろっていうことだろう
立憲がそれを認めるはずもない

本当に立憲のオーナーは朝鮮半島中国だからな
日本のために見えるようにしているのはバラまきの餌であり、特に朝鮮の利害にかかわるところではそっちを見事に優先している

61 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:20:41.68 ID:H545JeCC0.net

>>58
まだやってんのかよキチガイだろwwwww

20 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:38:40.39 ID:tAZgE36s0.net

>>1
ハシゲちゃん、GoToどーなんや?
このまま、やっててええんか?
もうヨシも頼りにならんしマヅイよな

106 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 15:19:08.99 ID:YzLTYjef0.net

やってないから報道されないんだよ
そもそも知恵がない

99 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 14:27:50.05 ID:HN7E5JZp0.net

風雪の流布笑

127 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 19:39:36.29 ID:ck8c4elJ0.net

国会議員様が1コメンテーターの発言に噛みつくなよ
みっともないババアだなぁ

104 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 15:12:10.61 ID:Dli0M4Io0.net

一般人の住所晒して訴えられてる人だっけ?

145 :名無しさん@恐縮です:2020/11/24(火) 17:31:11.06 ID:7/sNgHmh0.net

日本を悪くしたい奴らに日本の為の法案作れって
そんなああた無茶な

122 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 18:03:05.13 ID:d+IqeO7c0.net

9:1てやってんだろ

66 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:27:48.21 ID:Pcv+wB250.net

>>19 ●日本学術会議問題の全論点●
(1)何が問題なのか

日本は法治国家で、行政(内閣)は法の執行機関です。
論点をすり替えるために、「学術会議を廃止しろ」だの、「民営化しろ」だの立法論を言うのはご自由ですが
日本学術会議法の規定と異なったことを内閣総理大臣が行っているとすれば、
国家の基本原則のひとつの法治国家であることが脅かされいるのですから、これは最重要の問題です。

【重要】⇒法治国家を理解せず、「任命権が首相にあるのが当然」という菅義偉の認識が大問題

(2)政府の主張 〜これがビックリするほど出鱈目

まず、政府は憲法15条を唐突に持出し、総理大臣に任命拒否権があると主張する。
しかし、憲法15条は、国民主権の現行憲法において国民に公務員の選定罷免権があるとする規定で
内閣総理大臣に公務員の選定罷免権があるとは規定してない。
そして、憲法15条の通説的見解は、選挙で選ばれる公務員は、選挙で国民が選定罷免し、それ以外の
公務員は、選挙で選ばれた国会議員が作った法律により、選定罷免する。と説明される。

従って、選挙で選ばれない学術会議の会員は、学術会議法の規定によって選定罷免されるので、
学術会議法の解釈が問題となり、憲法15条を眺めても、結論は出てこない。

次に政府は、国家公務員法55条を持出し、国家公務員の任命権が内閣と各大臣にあることを根拠に
任命拒否権があるとする。
しかし、国家公務員法55条は、明確に「法律に別段の定めのある場合を除いては」と規定しており、
学術会議法7条2項に別段の定めがある本件に、国家公務員法55条は適用されず、結論は学術会議法の解釈に
委ねられる。

(3)日本学術会議法の解釈(以下「学術法」と略す)

まず、学術法25条、26条で、辞職も退職も学術会議の同意や申出を必要とし、総理大臣単独では何も出来ない。
これは、学術法3条の「学術会議の独立性」の結果である。

特に26条は重要で、会員に不適当な行為があっても、会議の申出がない限り総理大臣は会員を退職させる
ことができない。これは会議の独立性が強く、事実上の人事権は学術会議側にあることを示すものだから、
就任時においても、任命拒否は出来ないと解釈せざるを得ず、
学術法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる

また、学術会議の「職員」の場合は、

学術法16条
3 前項の職員の任免は、会長の申出を考慮して内閣総理大臣が行う

と規定し、総理大臣は会長の申出は考慮するだけで、つまり、参考にするだけで会長の申出と違う
任命が出来る。
ところが、学術会員の場合は、専門性があるので、総理大臣が判断できない。
だから、学術法7条2項は、学術会議の「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」と規定する。
そして、わざわざ、職員の場合と文言を変えて「考慮」が入っておらず、学術会議の「推薦を考慮して
内閣総理大臣が任命する」とは規定してないのであるから、総理大臣に考慮の余地はなく、
内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる。

更に、「推薦に基づいて内閣総理大臣が任命する」と学術会議と同じ文言のある労働組合法19条の3の
労働委員会の労働者委員については、東京高裁の判例で内閣総理大臣の「裁量権」を認める判決が出ている。
これは、労働者委員は労働組合法施行令20条で、労働組合の推薦があった者の「うち」から内閣総理大臣
が任命することになっていて、政令で定員以上の数の推薦を前提としており、任命拒否される者が出るのは
当然の結果である。

これに対して、学術会議法は推薦された者の「うち」から選ぶ規定がない。従って、任命拒否はできないと
解釈することになる。欠員を生じさせれば、学術法7条1項の210名の定員が満たせなくなり、
法は任命拒否を予定してないと解釈できる。

また更に、国費が投入されているから、総理大臣が人事に介入するのは当然との批判には
同じく公費で手当が支給される「連携会員」の場合、学術法15条で「会長が任命する」と規定していることや、
国費で年金がもらえる国立アカデミーの日本学士院が、学士院の自治で会員を選んでいる(日本学士院法3条)
ことの説明がつかない。との再批判が可能。

最後に、学術法1条2項は「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする。」と規定し、一般に
指揮監督権が弱い場合に用いる「所轄」と規定していることは重要である

従って、日本学術会議法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになり、
任命拒否はできないのです

59 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:16:16.60 ID:V+PysDMT0.net

野党が与党を攻めてる感出してる所はバリバリ映されてるのにねww

てか、なにも結果に結びついてませんよねww

55 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:08:18.45 ID:1+JnpCRt0.net

ほんとにやってんの?

117 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 16:13:03.85 ID:jiQvp98b0.net

政府提出法案の7割8割は何の反対もなく野党も毎回通している。それを野党は何でも反対等と刷り込まれてる頭には理解出来まい。

49 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:58:29.27 ID:0hwoBwCt0.net

>>1
マスゴミが、コロナより学術会議を優先して報道しているってことですか

40 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:52:58.35 ID:COJgNMYT0.net

お前のやっていることはパワハラ恫喝と官僚イビリだけだろ
ボスの小沢と共に立憲の評判落とすためにせいぜい頑張ってくれ

60 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:19:50.58 ID:+qXu/vBD0.net

学術会議に力入れすぎたのは野党の国対判断ミス

70 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:32:53.85 ID:Pcv+wB250.net

>>69 ●日本学術会議問題の全論点●
(1)何が問題なのか

日本は法治国家で、行政(内閣)は法の執行機関です。
論点をすり替えるために、「学術会議を廃止しろ」だの、「民営化しろ」だの立法論を言うのはご自由ですが
日本学術会議法の規定と異なったことを内閣総理大臣が行っているとすれば、
国家の基本原則のひとつの法治国家であることが脅かされいるのですから、これは最重要の問題です。

【重要】⇒法治国家を理解せず、「任命権が首相にあるのが当然」という菅義偉の認識が大問題

(2)政府の主張 〜これがビックリするほど出鱈目

まず、政府は憲法15条を唐突に持出し、総理大臣に任命拒否権があると主張する。
しかし、憲法15条は、国民主権の現行憲法において国民に公務員の選定罷免権があるとする規定で
内閣総理大臣に公務員の選定罷免権があるとは規定してない。
そして、憲法15条の通説的見解は、選挙で選ばれる公務員は、選挙で国民が選定罷免し、それ以外の
公務員は、選挙で選ばれた国会議員が作った法律により、選定罷免する。と説明される。

従って、選挙で選ばれない学術会議の会員は、学術会議法の規定によって選定罷免されるので、
学術会議法の解釈が問題となり、憲法15条を眺めても、結論は出てこない。

次に政府は、国家公務員法55条を持出し、国家公務員の任命権が内閣と各大臣にあることを根拠に
任命拒否権があるとする。
しかし、国家公務員法55条は、明確に「法律に別段の定めのある場合を除いては」と規定しており、
学術会議法7条2項に別段の定めがある本件に、国家公務員法55条は適用されず、結論は学術会議法の解釈に
委ねられる。

(3)日本学術会議法の解釈(以下「学術法」と略す)

まず、学術法25条、26条で、辞職も退職も学術会議の同意や申出を必要とし、総理大臣単独では何も出来ない。
これは、学術法3条の「学術会議の独立性」の結果である。

特に26条は重要で、会員に不適当な行為があっても、会議の申出がない限り総理大臣は会員を退職させる
ことができない。これは会議の独立性が強く、事実上の人事権は学術会議側にあることを示すものだから、
就任時においても、任命拒否は出来ないと解釈せざるを得ず、
学術法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる

また、学術会議の「職員」の場合は、

学術法16条
3 前項の職員の任免は、会長の申出を考慮して内閣総理大臣が行う

と規定し、総理大臣は会長の申出は考慮するだけで、つまり、参考にするだけで会長の申出と違う
任命が出来る。
ところが、学術会員の場合は、専門性があるので、総理大臣が判断できない。
だから、学術法7条2項は、学術会議の「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」と規定する。
そして、わざわざ、職員の場合と文言を変えて「考慮」が入っておらず、学術会議の「推薦を考慮して
内閣総理大臣が任命する」とは規定してないのであるから、総理大臣に考慮の余地はなく、
内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる。

更に、「推薦に基づいて内閣総理大臣が任命する」と学術会議と同じ文言のある労働組合法19条の3の
労働委員会の労働者委員については、東京高裁の判例で内閣総理大臣の「裁量権」を認める判決が出ている。
これは、労働者委員は労働組合法施行令20条で、労働組合の推薦があった者の「うち」から内閣総理大臣
が任命することになっていて、政令で定員以上の数の推薦を前提としており、任命拒否される者が出るのは
当然の結果である。

これに対して、学術会議法は推薦された者の「うち」から選ぶ規定がない。従って、任命拒否はできないと
解釈することになる。欠員を生じさせれば、学術法7条1項の210名の定員が満たせなくなり、
法は任命拒否を予定してないと解釈できる。

また更に、国費が投入されているから、総理大臣が人事に介入するのは当然との批判には
同じく公費で手当が支給される「連携会員」の場合、学術法15条で「会長が任命する」と規定していることや、
国費で年金がもらえる国立アカデミーの日本学士院が、学士院の自治で会員を選んでいる(日本学士院法3条)
ことの説明がつかない。との再批判が可能。

最後に、学術法1条2項は「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする。」と規定し、一般に
指揮監督権が弱い場合に用いる「所轄」と規定していることは重要である

従って、日本学術会議法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになり、
任命拒否はできないのです

133 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 22:43:19.55 ID:1hQTp4da0.net

>>130
↑ネトウヨニダー
笑える発狂
穢多朝鮮非人

80 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:36:51.48 ID:Pcv+wB250.net

>>79 ●日本学術会議問題の全論点●
(1)何が問題なのか

日本は法治国家で、行政(内閣)は法の執行機関です。
論点をすり替えるために、「学術会議を廃止しろ」だの、「民営化しろ」だの立法論を言うのはご自由ですが
日本学術会議法の規定と異なったことを内閣総理大臣が行っているとすれば、
国家の基本原則のひとつの法治国家であることが脅かされいるのですから、これは最重要の問題です。

【重要】⇒法治国家を理解せず、「任命権が首相にあるのが当然」という菅義偉の認識が大問題

(2)政府の主張 〜これがビックリするほど出鱈目

まず、政府は憲法15条を唐突に持出し、総理大臣に任命拒否権があると主張する。
しかし、憲法15条は、国民主権の現行憲法において国民に公務員の選定罷免権があるとする規定で
内閣総理大臣に公務員の選定罷免権があるとは規定してない。
そして、憲法15条の通説的見解は、選挙で選ばれる公務員は、選挙で国民が選定罷免し、それ以外の
公務員は、選挙で選ばれた国会議員が作った法律により、選定罷免する。と説明される。

従って、選挙で選ばれない学術会議の会員は、学術会議法の規定によって選定罷免されるので、
学術会議法の解釈が問題となり、憲法15条を眺めても、結論は出てこない。

次に政府は、国家公務員法55条を持出し、国家公務員の任命権が内閣と各大臣にあることを根拠に
任命拒否権があるとする。
しかし、国家公務員法55条は、明確に「法律に別段の定めのある場合を除いては」と規定しており、
学術会議法7条2項に別段の定めがある本件に、国家公務員法55条は適用されず、結論は学術会議法の解釈に
委ねられる。

(3)日本学術会議法の解釈(以下「学術法」と略す)

まず、学術法25条、26条で、辞職も退職も学術会議の同意や申出を必要とし、総理大臣単独では何も出来ない。
これは、学術法3条の「学術会議の独立性」の結果である。

特に26条は重要で、会員に不適当な行為があっても、会議の申出がない限り総理大臣は会員を退職させる
ことができない。これは会議の独立性が強く、事実上の人事権は学術会議側にあることを示すものだから、
就任時においても、任命拒否は出来ないと解釈せざるを得ず、
学術法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる

また、学術会議の「職員」の場合は、

学術法16条
3 前項の職員の任免は、会長の申出を考慮して内閣総理大臣が行う

と規定し、総理大臣は会長の申出は考慮するだけで、つまり、参考にするだけで会長の申出と違う
任命が出来る。
ところが、学術会員の場合は、専門性があるので、総理大臣が判断できない。
だから、学術法7条2項は、学術会議の「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」と規定する。
そして、わざわざ、職員の場合と文言を変えて「考慮」が入っておらず、学術会議の「推薦を考慮して
内閣総理大臣が任命する」とは規定してないのであるから、総理大臣に考慮の余地はなく、
内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる。

更に、「推薦に基づいて内閣総理大臣が任命する」と学術会議と同じ文言のある労働組合法19条の3の
労働委員会の労働者委員については、東京高裁の判例で内閣総理大臣の「裁量権」を認める判決が出ている。
これは、労働者委員は労働組合法施行令20条で、労働組合の推薦があった者の「うち」から内閣総理大臣
が任命することになっていて、政令で定員以上の数の推薦を前提としており、任命拒否される者が出るのは
当然の結果である。

これに対して、学術会議法は推薦された者の「うち」から選ぶ規定がない。従って、任命拒否はできないと
解釈することになる。欠員を生じさせれば、学術法7条1項の210名の定員が満たせなくなり、
法は任命拒否を予定してないと解釈できる。

また更に、国費が投入されているから、総理大臣が人事に介入するのは当然との批判には
同じく公費で手当が支給される「連携会員」の場合、学術法15条で「会長が任命する」と規定していることや、
国費で年金がもらえる国立アカデミーの日本学士院が、学士院の自治で会員を選んでいる(日本学士院法3条)
ことの説明がつかない。との再批判が可能。

最後に、学術法1条2項は「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする。」と規定し、一般に
指揮監督権が弱い場合に用いる「所轄」と規定していることは重要である

従って、日本学術会議法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになり、
任命拒否はできないのです

124 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 18:12:14.23 ID:QEBVa0te0.net

まあ今の野党は反政府の票を狙うだけの金稼ぎマンと化してるからな
そら政府のやりたい放題になっちゃうよ

75 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:35:39.26 ID:Pcv+wB250.net

>>74 ●日本学術会議問題の全論点●
(1)何が問題なのか

日本は法治国家で、行政(内閣)は法の執行機関です。
論点をすり替えるために、「学術会議を廃止しろ」だの、「民営化しろ」だの立法論を言うのはご自由ですが
日本学術会議法の規定と異なったことを内閣総理大臣が行っているとすれば、
国家の基本原則のひとつの法治国家であることが脅かされいるのですから、これは最重要の問題です。

【重要】⇒法治国家を理解せず、「任命権が首相にあるのが当然」という菅義偉の認識が大問題

(2)政府の主張 〜これがビックリするほど出鱈目

まず、政府は憲法15条を唐突に持出し、総理大臣に任命拒否権があると主張する。
しかし、憲法15条は、国民主権の現行憲法において国民に公務員の選定罷免権があるとする規定で
内閣総理大臣に公務員の選定罷免権があるとは規定してない。
そして、憲法15条の通説的見解は、選挙で選ばれる公務員は、選挙で国民が選定罷免し、それ以外の
公務員は、選挙で選ばれた国会議員が作った法律により、選定罷免する。と説明される。

従って、選挙で選ばれない学術会議の会員は、学術会議法の規定によって選定罷免されるので、
学術会議法の解釈が問題となり、憲法15条を眺めても、結論は出てこない。

次に政府は、国家公務員法55条を持出し、国家公務員の任命権が内閣と各大臣にあることを根拠に
任命拒否権があるとする。
しかし、国家公務員法55条は、明確に「法律に別段の定めのある場合を除いては」と規定しており、
学術会議法7条2項に別段の定めがある本件に、国家公務員法55条は適用されず、結論は学術会議法の解釈に
委ねられる。

(3)日本学術会議法の解釈(以下「学術法」と略す)

まず、学術法25条、26条で、辞職も退職も学術会議の同意や申出を必要とし、総理大臣単独では何も出来ない。
これは、学術法3条の「学術会議の独立性」の結果である。

特に26条は重要で、会員に不適当な行為があっても、会議の申出がない限り総理大臣は会員を退職させる
ことができない。これは会議の独立性が強く、事実上の人事権は学術会議側にあることを示すものだから、
就任時においても、任命拒否は出来ないと解釈せざるを得ず、
学術法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる

また、学術会議の「職員」の場合は、

学術法16条
3 前項の職員の任免は、会長の申出を考慮して内閣総理大臣が行う

と規定し、総理大臣は会長の申出は考慮するだけで、つまり、参考にするだけで会長の申出と違う
任命が出来る。
ところが、学術会員の場合は、専門性があるので、総理大臣が判断できない。
だから、学術法7条2項は、学術会議の「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」と規定する。
そして、わざわざ、職員の場合と文言を変えて「考慮」が入っておらず、学術会議の「推薦を考慮して
内閣総理大臣が任命する」とは規定してないのであるから、総理大臣に考慮の余地はなく、
内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになる。

更に、「推薦に基づいて内閣総理大臣が任命する」と学術会議と同じ文言のある労働組合法19条の3の
労働委員会の労働者委員については、東京高裁の判例で内閣総理大臣の「裁量権」を認める判決が出ている。
これは、労働者委員は労働組合法施行令20条で、労働組合の推薦があった者の「うち」から内閣総理大臣
が任命することになっていて、政令で定員以上の数の推薦を前提としており、任命拒否される者が出るのは
当然の結果である。

これに対して、学術会議法は推薦された者の「うち」から選ぶ規定がない。従って、任命拒否はできないと
解釈することになる。欠員を生じさせれば、学術法7条1項の210名の定員が満たせなくなり、
法は任命拒否を予定してないと解釈できる。

また更に、国費が投入されているから、総理大臣が人事に介入するのは当然との批判には
同じく公費で手当が支給される「連携会員」の場合、学術法15条で「会長が任命する」と規定していることや、
国費で年金がもらえる国立アカデミーの日本学士院が、学士院の自治で会員を選んでいる(日本学士院法3条)
ことの説明がつかない。との再批判が可能。

最後に、学術法1条2項は「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする。」と規定し、一般に
指揮監督権が弱い場合に用いる「所轄」と規定していることは重要である

従って、日本学術会議法7条2項の内閣総理大臣の任命は「形式的な任命」と解釈することになり、
任命拒否はできないのです

72 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:34:40.48 ID:rJxE8uAz0.net

>>1
芸スポに維新の宣伝スレ立て乙

47 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:57:09.67 ID:h1F7C02f0.net

森ゆうこ、おとなしかったな。

官僚イジメの件を突かれたらヤバいから、ビクビクしてたな。

64 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:25:30.80 ID:4vTOB1i00.net

森は自分が被告になってる裁判の心配してろよ

131 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 21:58:52.36 ID:O/yLIHH70.net

福山が国会で堂々と「時間が余ったらコロナ」って言ってなかったっけ?

94 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 14:00:49.63 ID:jA1D9T9a0.net

森ゆうこに対する原英史の訴訟もやっているけど報道されていないだけ
おまえは報道に助けてもらっている側の人間なんだよ

87 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:47:36.05 ID:s96VqUmK0.net

議員特権で国会でデマを垂れ流す女 森ゆうこ

38 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:51:13.00 ID:zyiSsh8o0.net

国民の命より我が党だそうですよ

19 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:37:52.29 ID:0hwoBwCt0.net

企業によるリストラで多くの人の雇用が問題になっている中
高々6人の雇用、しかも別に仕事を持っていたり、定年退職過ぎの高齢だったりの奴らの件を
国会で必死に取り上げている野党はクズ
そんなの後回しでいいし、そんなのを質問している時間をコロナ関連に使えって思うわ

42 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:55:06.38 ID:InqMYigW0.net

自分は知らん言ってただろ

14 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:32:01.40 ID:+4Ab/s0Z0.net

なんで報道に頼るんだか。自ら発信しろよ。

141 :名無しさん@恐縮です:2020/11/24(火) 10:45:22.56 ID:bnMSOEqC0.net

やってるアピールだけ

63 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 13:24:23.50 ID:xGu/y3MP0.net

>>61
自信満々に原口がツイートしてたwww

3 :名無しさん@恐縮です:2020/11/23(月) 12:21:09.84 ID:YrBV0QsC0.net

まさか共に乗っ取られるとはな

139 :名無しさん@恐縮です:2020/11/24(火) 05:56:15.48 ID:PeQe35AM0.net

学術会議なんて質問せずにコロナのことばっか聞いておきゃいいだろ

芸スポ速報+カテゴリの最新記事