【大分】邪馬台国には日田説、大分市説、大分県南部説も ★4 [樽悶★]

【大分】邪馬台国には日田説、大分市説、大分県南部説も ★4  [樽悶★]

1 :樽悶 ★:2020/09/13(日) 23:12:18.14 ID:QEPi1n7w9.net
 水行十日、陸行一月―。「邪馬台国(やまたいこく)」はどこにあったのか。
古代中国の歴史書「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」の解読には古くから多くの歴史ファンが頭をひねってきた。
大きく九州説、畿内説に分かれるが、その他国内各地でも“誘致合戦”が・・・

(続きはソース)

大分合同新聞 2020/09/10 15:30.
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/09/10/161522486

★1:2020/09/10(木) 16:32:56.59
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599891021/

537 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 20:31:53.22 ID:64wBLx7d0.net

( ・ω・)( ・ω・)( ・ω・)
阿蘇で何かあったか民族大移動

耶馬溪をとおり

宇佐で戦闘、呪われないように敵を弔うために神社のもとを

135 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 00:30:34.90 ID:d6gKoIpM0.net

>>133

何故朝鮮人認定したしwwww

出雲民族は縄文人だよ。
母系のミトコンドリアのハプロタイプDは、朝鮮人には無いだろ。
北のアイヌと、南の沖縄。そして唯一のDの一族の集積地が島根(出雲)

654 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 04:45:46.07 ID:Tm6J5SF60.net

>>624
宋版魏志倭人伝の原典批判しないで
邪馬壹國をゴリ押ししたのが「邪馬台国はなかった」
を書いた古田武彦

岩波文庫版の魏志倭人伝は関連文献と照合して原典批判をしてるし
安本美典は「卑弥呼は日本語を話したか」(1991年)で魏晋南朝音系統の
万葉仮名の読み方で倭国の固有名詞を読むという研究手法に気が付いた。
吾輩は母親が万葉集をライフワークにしてた関係で安本美典より先に
万葉集の万葉仮名が呉音でもない漢音でもない音読みだと気が付いてた。
1970年代末期に魏晋南朝系の発音の伝統を残す方言を喋ってるシンガポールに3年住んだ。
そこでは楊貴妃が好んだといわれてる茘枝(ライチー)やマンゴーを
一個一枝(チッコー・チッキー)と云いながら売ってるのを目撃したし
ブギスストリートの近くの安ホテルに1か月ほど滞在したことが有るので
ttps://www.singaporenavi.com/special/5032538
裏通りの屋台でラーメン、炒麺(焼きそば)を食べた時
傍に居た福建系の男が「タウゲ=豆芽=モヤシは嫌いだから入れるな」
と言ってるのを耳にしたわ。
「豆」の日本語音読みはトウだが旧仮名遣いではタウ、モヤシは
日本で習った北京官話で豆芽と書いてトウヤーと発音するが
「芽」は広東語でngaaンガーと発音し上古音〜隋唐音の伝統的発音を保存してるし
福建語や潮州語は遣唐使が仕入れて来た長安(現代の西安)音の読書音≒科挙試験で使用した
標準音の伝統をを守って「ゲ」と発音してる。科挙試験に使えない福建語白話発音が「ガ」で
これは漢字の日本語音読みでいえば呉音に相当する古い発音。
モンゴル統治時代の中国北部方言にルーツを持つ北京方言や朝鮮語は
漢字音の最後に来るngは発音できるのに先頭に来るngは発音できなかったので無視して
頭子音無しで芽をyaとか아=アと発音してる。
支那チョンに比べると日本人の漢字の発音の感性は福建人台湾人に非常に近いと言える。
明治大学で中国語を教えた台湾出身の言語学者王育徳氏が台湾の最も使用頻度の高い
常用漢字数百を調査したらかなりの数の漢字が文語読みと白話読みの2系統の発音が有ると
中国語学研究会編 中国語学新辞典(光生館1969年)に書いてたわ。

545 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 20:39:27.25 ID:yVPyWo4U0.net

耶馬溪に、邪馬台国があったのか あんな山だらけの所にそんな謎が・・・

853 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 12:56:15.65 ID:Tm6J5SF60.net

>>840
理系は有効数字と冪乗を使うのが
桁区切りを使わない理由だ。
オマエも有効数字と冪乗で書き直せよw

435 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 17:10:50.48 ID:gaKsYRmJ0.net

>>430
1年が2年は学者が出しているとはいえ、
当然仮説だけど、半年が一年と考えていたなら、
自称というか本人にとっては事実なわけだし

932 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 20:06:31.78 ID:8hqiInFX0.net

沖縄の人間が本土の人間のことをヤマトンチュウというような言葉で呼ぶのは
なぜですか?

851 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 12:52:53.62 ID:7TTJc5QP0.net

畿内は、聖徳太子の頃から百済移民が多く入っているよね。

950 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 21:13:01.97 ID:mWVx1oGX0.net

>>948
陵墓に何か期待してるようだけど、盗掘されてない陵墓なんて
ほぼ無いよ

677 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 06:48:59.14 ID:hyBmz/0U0.net

里は地域、時代で変わる。

日本での距離は、倭人伝の時代には
日を以て計るとあり
奈良時代には1里が530m
戦国時代以後は4km

少なくとも日本では魏の里を使ったことはない。

292 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 06:03:03.34 ID:KkCN+lyy0.net

30国支配してて6国が九州北部にあり21国は遠くて詳細不明
女王国より北は道理や戸数は略載可とある。
九州から近畿まで急にやたらでかい3か国しかないww

さらに漢の時代は100国支配していた
一体どこまで支配していたことやら

935 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 20:19:30.69 ID:jcEdeV+h0.net

>>50
祭る神が変わっただけだぞ

491 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 19:26:31.25 ID:+qSQJyCU0.net

客観的に見て、
邪馬台国に長官、副長官を出していた妻国に、
当時、ヒナモリがいた可能性は無いだろうな。

463 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 18:28:36.37 ID:+nRSLuW80.net

>>458
「鄙びた」という時の「ひな」。辺境の地の意味。

138 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 00:31:39.47 ID:c+di8pPQ0.net

>>122
当然多くの人にはそのどちらかと解釈されてるけど
なぜかネットの畿内説信者は魏では短里がないとして見ないふりしてる

282 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 04:23:48.34 ID:u706Et9T0.net

>>1

> 最も有力なのは宇佐説「宇佐神宮の主神、比売大神こそが卑弥呼で

> 神宮の立つ亀山が卑弥呼の墓である」

 うん、「邪馬台国」の“宇佐説”、ロマンがあってイイねぇ・・・

  http://washiyamataikoku.my.coocan.jp/yamataikoku.pdf

.

410 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 14:14:37.52 ID:mCSJSm980.net

屋久島と奄美大島の間にラピュタがあってそこが邪馬台国だった場合
魏志倭人伝の記述と矛盾するところがない
問題は3世紀にラピュタがあったかどうかだけだ

382 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 12:20:03.63 ID:KV0WcFGC0.net

相変わらず病人多いな
ごく普通に読めば墓は円墳だろ

503 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 19:51:40.50 ID:+qSQJyCU0.net

今まで、投馬国は何処かわからないと言われて来たから、
妻や妻垣は後付ではない。
日向とかが記紀に基づく後付だ。
生目神社も垂仁天皇の伝承は無い。
生目の伝承が、垂仁天皇に置き換わったのだろうな。

676 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 06:45:49.30 ID:e/jbqt5V0.net

>>652
邪馬台国が30ヶ国連合の盟主の国と書かれているから、九州に広域連合が存在したことの根拠が必要
いったい3世紀の九州で、九州勢力による広域連合が存在した痕跡がどこにある?
30国連合に伊都国や奴国が入っていたと書かれているが、その九州広域連合に伊都国や奴国が入っていたとみなすには、どこにどんな痕跡がある?

日本列島全体で200万人程度と推定されてるのに、7万戸(35万人)や5万戸(25万人)の国が九州でどうやったら存在しえるんだ?

他の記述についても、九州説が魏志倭人伝に合うと言うなら、根拠や証拠を具体的に頼む
空想マンみたいに、空想のみで一致してると言い張るのはなし

254 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 03:01:08.25 ID:+qSQJyCU0.net

>>251
C14の改訂で、奈良は魏代の覇権国ではなくなった。
残念だったな。

168 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 00:50:51.58 ID:x7JGW4IN0.net

九州説のやつらって何を探し求めてるんだ?
魏志倭人伝に邪馬台国として書かれている国とは全く違う国が九州にあったと主張してるだけだよな

693 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 07:44:00.50 ID:e/jbqt5V0.net

>>690
何について文句つけてるのかさっぱり分からん

58 :不要不急の名無しさん:2020/09/13(日) 23:52:32.44 ID:hfiqO5eq0.net

>>51
越前説はか弱いけどあるよ

859 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 13:33:37.84 ID:Tm6J5SF60.net

>>674
銅鉱石(銅を含む化合物)ではなく
精錬の手間いらずで露天掘りしてそのマンマ使える銅の塊を発見したのだ。

ちなみに和同開珎という銭(ゼニ、ジェニ)を鋳造した当時は漢文や漢訳仏典を読んだ貴族、僧侶以外
一般庶民は「ん」という発音が出来なかったのでdzʱi̯ɛnの最後に
母音「i」を付け足してdzʱi̯ɛniヂェニと発音していた。
和同開珎を鋳造した時代に一般庶民はワドウカイチ「ン」と発音できなかった。

934 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 20:12:32.12 ID:Wt9kMerp0.net

最新研究的に文献を精査すればするほど九州になるんだから
そりゃ普通に九州なんだろう

いい加減
ヤマト王朝の起源はどこだったの?に進もうや
そっちのほうが大事でしょ

674 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 06:25:26.39 ID:hyBmz/0U0.net

日本の銅器の銅原料は、
当時は中国から輸入した銅スクラップ
を使用しているので全量が中国産。

少量なら日本産もあったかもしれないが
日本産の銅鉱石が発見されたのは
奈良時代の和銅年号の時代。
銅発見を記念して年号がつけられた。

745 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 09:37:24.03 ID:V0s1kEz40.net

>>742
やまたいこくは肥前筑後肥後に跨っていたんだよ

305 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 08:14:24.81 ID:oT2TJYcs0.net

帯方郡の南の海岸から狗邪韓国の南の海岸までが7000里
狗邪韓国の南の海岸から対馬の北岸までが1000里
対馬の北岸から対馬の南岸までが800里
対馬の南岸から壱岐の北岸までが1000里
壱岐の北岸から壱岐の南岸までが600里
壱岐の南岸から末盧国の北岸でが1000里
末盧国の北岸から伊都国と国境までが500里(呼子付近から伊都GC付近までが40km)
末盧国と伊都国の国境から伊都国と奴国の国境までが100里(伊都GC付近から日向峠付近までが8km)
この読み方だと実際の距離と記述が合い、帯方郡から伊都国と奴国の国境までが合計が12000里となる。

66 :不要不急の名無しさん:2020/09/13(日) 23:56:38.97 ID:TR01AAtj0.net

>>43
おそらく海を渡ると自動的に千里
郡から狗邪韓国までで七千余里
海を三回渡ると自動的に三千里
残り二千里のうち末路国から不弥国までが七百里
女王国まで残り千三百里

これくらいの距離感

821 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 11:21:55.03 ID:sbRjVITj0.net

>>744
投馬国 馬を放り投げるほどの力持ちの国だな、日本人では無さそう
それにしても馬が多く登場するな、

855 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 13:03:49.91 ID:3LQaYW550.net

>>854
やっぱり神武東征って
ただのつくり話の神話じゃないよな
日向から出発して、畿内を攻めて、そこに
新しい国をつくった
遺伝子からもそれを証明している
神武東征は卑弥呼の後の時代のことなんだろう
3世紀後半から4世紀初頭に起きたことなんだ

899 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 17:02:55.34 ID:Tm6J5SF60.net

>>895
「くるめえ」の駄洒落はいかにも朝鮮語風の九州、関東訛りだな
言語学的に北九州、関東東北は朝鮮語と濃厚接触してる証拠だ。

108 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 00:18:38.41 ID:XeKwt5FG0.net

鉄器すら出ない奈良で邪馬台国があったと改ざん中
30年奈良だけを研究してた学者が見限ってるのにw
神話なんて嘘に決まってるでしょうw
日本人が信じてたら奈良よりも天孫降臨の宮崎を徹底的に調べるでしょう?w
宮崎オールスルーで神話は嘘ですねw

962 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 22:33:27.13 ID:IWUAq3vzO.net

桃の種とか関係ないもんばっかだけどw

680 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 06:57:51.57 ID:e/jbqt5V0.net

>>651
データは一般公開されてないが、3世紀後半築造の黒塚古墳から出土した三角縁神獣鏡で同じ分析をしている
新聞報道によると、同じような分析結果になったようだ
3世紀後半に副葬されるということは、銅鏡製作はもっと前の時期のはず
魏鏡を鋳潰して後に世に製作したという仮説は時系列が逆になってしまう

734 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 09:20:40.09 ID:6sa+9w7a0.net

一隻の準構造船に10人乗り込んだとしても5000隻の船団か
1/10の規模で500隻、5千人くらいならありそうかな

白村江の戦いをwikiって見たら日本側は42000人で800隻ほどとあったが
1隻に50人は乗らないと思うわ、多くて20人くらいじゃね
船のイメージはこれ

218 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 01:33:18.49 ID:Szm8U2tq0.net

>>215
どっちかというと神話由来の地はどこでしょう?的な話が正しい
あるいみエルサレム扱いだし(ムハンマドは天馬でエルサレムまで飛行した)

4 :不要不急の名無しさん:2020/09/13(日) 23:14:21.91 ID:LOirZcW80.net

邪馬台国は南九州の熊襲程度に圧迫されて魏に助けを求める雑魚国家。
そんな雑魚国家の場所は北部九州にローカルに決まってる、北部九州限定のドジンシャーマン国家。

627 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 01:02:53.95 ID:mWVx1oGX0.net

安本せんせは同じ九州説の大看板古田史学の古田せんせにも
噛みつくからな、面白いけどねw

552 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 20:54:42.39 ID:Szm8U2tq0.net

14はアガスティヤ扱いだよだから邪馬壹の壺部分は大事なんだよ

687 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 07:21:56.07 ID:mWVx1oGX0.net

>>685
君も意味が分かってないな S8のデータは信用ならないって言ってんだよ
君が出したのS8のデータやろ?

642 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 02:39:20.63 ID:edv0F0ng0.net

この魏志倭人伝の時代には筑紫島も筑紫の君もいなかった
そういうことだろ

310 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 08:19:28.84 ID:oT2TJYcs0.net

>>307
君の妄想じゃないかw
妄想に答えなどないよ。

154 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 00:40:48.56 ID:Eq61Rfo00.net

>>137
大分は北部だな
ついでにコピペ

日向国だから天孫降臨の地と言い出したのは宇佐神宮
宇佐神宮は自分の領地があった場所を高めようと色々捏造をしている
今の宮崎県民は神話の国というのを信じているが細かく調べればおかしな事ばかり
はっきり言って起源を主張するどこかの国のいうことと変わらん
これからは間違いは間違いと認めることが大事だと思う

続日本紀によれば昔の日向国は鹿児島宮崎を含む地域だった
記紀ではともに天皇家と隼人族は同族出身としている
日本書紀では特に阿多(薩摩半島南部)と特定している
ちゃんと調べれば分かることばかり

木花咲耶姫の本名である神阿多都比売
海幸彦の子孫は隼人族の阿多君
神武天皇の妃である阿比良比売は阿多小椅の妹
代々阿多(薩摩半島南部)の人間だらけ

おまけに鹿児島県南さつま市の上加世田遺跡からは久米と墨書された遺物が出土している
これは神武天皇の部下である大久米命との関連を思わせる

よって神武天皇の出身地は鹿児島県の薩摩半島
旧加世田市から旧金峰町にかけてと思われる

なお天孫降臨が現実にあったと考えるのは無理がある
それに山上に神が降り立つというのは北方系の神話

高千穂地名の変遷
日向風土記逸文(713、引用は続日本紀797)知鋪の郷(ちほと読めるから高千穂と言い出す。本当に原本にあったか?)
宇佐八幡宮託宣(765)高智保(たかちほと言ってるのが神主だと分かる。)
和名類聚抄(925)   智保(一般には広まっていないようで、辞書にはまだ高千穂は載らず。)
大日本史(1657〜)  日向国臼杵の郡、智保、今は高千穂の庄(虚仮の一念、岩をも通す。でも正式には智保。)
(参考)1889年(明治22年)三田井村、押方村、向山村が合併し高千穂村となる。(ようやく正式に高千穂)

691 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 07:37:44.09 ID:V0s1kEz40.net

>>687
S8が信用できないのは『三角縁神獣鏡が魏鏡であるか国産鏡であるかは無関係である』から

433 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 17:05:30.67 ID:g7eOVoCH0.net

ふと思ったんだけど川って昔からずっとそこ流れてたん?
2000年前とか3000年前とか4000年前とか1万年前も今と位置は変わらずそこにあったん?
水辺でないと暮らせないだろうから水のあるところに人はいっぱい住むでしょ
筑後川、三隈川、大山川、玖珠川、花月川、有田川

776 :不要不急の名無しさん:2020/09/15(火) 10:15:35.77 ID:zcujGl2j0.net

>>674
銅鐸も?
それとも、当時の銅鐸圏は厳密には日本に含まれないって話?

551 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 20:54:22.07 ID:64wBLx7d0.net

( ・ω・)( ・ω・)( ・ω・)
大分県には

一尺八寸山とかいてミオウヤマと呼ぶ山がある

カントウダケともどもどちらも難読上位の山

キツネなんちゃらじゃないぞバカが

高貴なかたの身を背負った山

その身長やぞ

102 :不要不急の名無しさん:2020/09/14(月) 00:17:15.37 ID:/5fF9sHY0.net

伊都国は現在の福岡の伊都で確定
そこからいくつかの国々を経て邪馬台国にたどり着く

ニュー速+カテゴリの最新記事